イキクッカの基本棚板/接写画像 イキクッカの基本棚板/ブラケット/接写画像

イキクッカの基本骨格である棚ユニットを構成するための棚板です。本棚や棚ユニットにおいて棚板は最も重要な基本パーツですので、本棚屋「新館」では使用する素材にもこだわっています。全ての棚板には樹齢充分な北欧パインの根元付近(ボトムログ)で、節が少なく木目の良く詰まった(年輪幅が狭い)良質な部位だけを使用しています。木の先端部の若く節の多い部位材で作った棚板と比べると、イキクッカの棚板はずっしりと重たく、耐久性も優れています。

棚板の左右両端には独特な形状のステンレス製ブラケットが埋め込んであり、これにより優れた耐荷重性能を発揮します。奥行と長さは各種サイズをご用意しています。

下記表の横幅、奥行が交わるマスの料金をクリックすると商品ページに移動します。

※横幅は1cm刻みで特注サイズ加工(〜120cmまで)も可能ですが、イキクッカの特徴である拡張性を 損なう可能性がございますので、おすすめはしておりません。 (特注加工を施した棚板を用いたユニットにはドアや引出しを取り付けることができません。)

灰色に塗りつぶしているマスは非対応のサイズです。


奥行

横幅

40cm

50cm

60cm

80cm

100cm

120cm

20cm

1,680

1,780

2,140

2,240

2,550

30cm

2,140

2,190

2,650

2,850

3,360

4,070

40cm

2,650

2,800

3,460

3,720

4,480

5,600

50cm

3,570

5,040

6,210